白内障

スポンサードリンク

白内障は、俗に「白そこひ」と言われているものです。
白内障とは眼球の水晶体が白く濁って、物が見えにくくなるという視力障害の病気のことです。

白内障は最初のうちはまぶしい、まぶしくて物が見えにくいといった症状が現れます。
やがて水晶体の濁りが徐々に広がっていって、瞳全体にかかってしまうと視力が低下します。
白内障は症状が進行すると最後には明るさを感じることしかできなくなってしまいます。

白内障の原因には、老人性白内障、先天性白内障、外傷性白内障、併発白内障などが原因となって白内障になります。

白内障の原因の中でも老人性白内障の割合は多く、高齢者の視力障害の多くを占めています。
老人性白内障は眼の老化にともなって増える病気です。

白内障の治療は、白内障以外に眼の病気がなければ手術をすることで視力を改善することができます。
白内障の手術は濁ってしまった水晶体の代わりに眼内レンズをいれるのが一般的ですが、手術は簡単なものなので翌日には見ることができるようになります。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye