緑内障

スポンサードリンク

緑内障とは、何らかの原因で眼の眼圧が上昇して視神経が圧迫され、角膜が濁り視力障害、視野障害などの異常が発症する病気のことです。

緑内障で角膜が混濁する原因には、先天性緑内障、原発性緑内障、続発性緑内障などがあります。
緑内障の原因で最も多いのは原発性緑内障です。

原発性緑内障の治療は点眼薬などによる薬物療法が一般的です。
また、緊急の場合や必要に応じてはレーザー手術で眼圧を下げることもあります。

眼球は強膜や角膜で覆われることにより眼球が保護されています。
そして房水、水晶体、硝子体などにより眼圧が一定に保たれているのが正常な状態です。

しかし、緑内障発作が起きると眼圧が突発的に急上昇し、目に激痛が起きます。
この場合は失明してしまう恐れもあるので至急専門医に診断してもらうことが必要です。

緑内障を予防するには、眼圧検査、視野検査、眼底検査などを定期的に受診し、目に起こるさまざまな不調や異常など緑内障の病気の前触れを早期に発見することが大切です。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye