ドライアイに効果のあるビタミン

スポンサードリンク

ドライアイに効果のあるビタミンの中でも特に眼に欠かせないビタミンはビタミンAです。
ビタミンAにはドライアイや眼精疲労を予防する働きがあり、欠乏すると薄暗がりの中で物が見えにくくなったり、涙の分泌量が減ってドライアイや眼球乾燥症、夜盲症などの原因になります。

ビタミンAを多く含む食品は、ほうれん草、にんじん、かぼちゃ、小松菜、春菊、にらなどの緑黄色野菜やレバー、うなぎ、牛乳、チーズなどです。
ビタミンDを含む食品を一緒に食べるとビタミンAの吸収がよくなります。

ドライアイや視力の低下に効果のあるビタミンはビタミンB群です。
特にビタミンB1とビタミンB12は眼の疲労を軽減し、ドライアイを予防する効果があります。
ビタミンB群を多く含む食品は、うなぎ、豚肉、玄米、サバ、イワシ、カキ、卵、レバー、牛乳などです。

そのほかのドライアイに効果のあるビタミンはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなどです。

これらのドライアイに効果のあるビタミンはビタミンA以外は水溶性で、一度に大量に摂取しても余分な分は体外に排出されてしまいます。
ビタミンBやビタミンCなどの水溶性のビタミンは、不足しやすいので小まめにとるように心がけると良いです。

また、ドライアイの予防だけではなく眼の老化に効果のあるビタミンはビタミンEです。
ビタミンEはかぼちゃやほうれん草、うなぎ、植物油、胡麻などに多く含まれています。
ドライアイだけではなく、眼精疲労などの疲れ眼や老眼などが気になる場合にもビタミンEを多く含む食品をとるようにすると効果的です。


14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye