眼底検査

スポンサードリンク

ドライアイ眼精疲労など、目に不快症状や異物感があった場合、眼科で行う目の検査のなかには眼底検査があります。

眼底検査というのは検査機器から目の中心部に光線をあてて、目の奥の状態や目の奥の周辺部を検査するものです。

眼底検査の検査方法には、直像法と倒像法があります。

眼底検査の直像法というのは、網膜を中心に視神経や黄斑部などの目の奥の部分を調べるものです。
眼底検査の直像法は外側から脳の血管の様子を見ることができるので、高血圧や動脈硬化などの脳や心血管障害の病気の検査にも使用される方法です。

また、倒像法というのは、網膜剥離や網膜周辺に病巣がないかどうかを調べるものです。

目の病気には放っておくと失明する可能性のある恐い病気もあります。
ドライアイ眼精疲労だけではなく、網膜剥離、眼底出血、白内障、緑内障、糖尿病性網膜症などを早期に発見し治療するためにも、目に不快症状や異物感、違和感があったら早めに目の検査を受けましょう。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye