視野検査

スポンサードリンク

視野検査というのは目の検査で目の見える範囲が正常な広さかどうかを調べる目の検査です。

視野検査をすると目の網膜や視神経などが正常に機能しているかどうかを正しく知ることができます。

視野検査では周辺視野と中心視野を検査します。
周辺視野というのは、左右外側、耳がついている方に向かった視野の範囲と左右内側、鼻に向かった視野の範囲、左右上方、頭側の視野の範囲、左右下方、首側の視野の範囲のことです。
正常な視野の範囲は外側がおよそ90度、内側がおよそ60度、頭側がおよそ60度、首側がおよそ30度です。

ドライアイ眼精疲労の場合にはあまりこの検査をすることは少ないようですが、網膜剥離緑内障などの目の病気がある場合には視野に異常があることが多いので、目の病気の中でも失明の恐れのある網膜剥離緑内障などの疑いがある場合には視野検査は必要な目の検査です。

視野検査の方法は、丸い円形の視野測定装置にあるのぞき穴に目を当ててそこから目の位置を変えずに指標を見て行います。

視野検査は明るさの度合いを順次下げていきながら目の見える範囲を調べます。


14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye