目をいたわる目薬のさし方

スポンサードリンク

ドライアイとは涙の分泌量が減って、目の表面が乾いてしまう病気です。
ドライアイの治療と予防のためには、目を乾燥させないように目をいたわることが大切です。

ドライアイのために目を乾燥させないようにするために涙の分泌量を増やす薬というのはまだありません。

どのため、ドライアイの治療と予防では目薬などを使って効果的に目を乾燥から守る工夫が必要になります。

しかし、目を乾燥から守るためにむやみに目薬をさすことは危険です。

市販されている目薬の多くには防腐剤という保存液が入っています。
防腐剤が目薬に入っているのは目薬の中で細菌などの増殖を防ぐことが目的です。
防腐剤の入っている目薬の多くは、目薬をさしたときに目にしみます。

「スーっとして気持ちがいい。」

と感じる目薬の多くは防腐剤による刺激と考えてもいいくらいです。

ドライアイの人がこの防腐剤の入った目薬をさしていると、目の中に防腐剤が入ってもその防腐剤を洗い流すための涙の分泌がないので、目の中に防腐剤がどんどん蓄積されてしまいます。

防腐剤が目の中に蓄積されると角膜の上皮に障害をもたらすために、ドライアイの人は防腐剤の入っている目薬を使用するのは危険です。

ドライアイの人は防腐剤の入っていない目薬を選んで目をいたわる目薬のさし方をしましょう。

さらにドライアイのひとは目をいたわる目薬のさし方として、頻繁に目薬を使用してしまいがちですが、目薬を頻繁にさすことは目にとって負担になるので、ドライアイの場合は粘張性物質の入った防腐剤の入っていない目薬を選び、目をいたわる目薬のさし方をしましょう。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye