コンピュータやTVゲームの普及

スポンサードリンク

ドライアイの原因にはコンピュータやTVゲームの普及によってドライアイの人が増えていることが考えられます。

ドライアイを引き起こす環境として、現代社会はコンピュータやTVゲームが一般家庭においても幅広く導入されていることがあります。

コンピュータの画面を長時間見続けて作業すると、まばたきの回数が大幅に減ります。
人の目はまばたきによって涙の分泌を促しているので、まばたきが少なくなると涙の分泌量が減ってしまい、すなわちドライアイの症状を引き起こします。

目を閉じたり開いたりするまばたきが減るのは、コンピュータ作業だけではなく、TVゲームなどVDT作業に関わることは全て目を酷使し、ドライアイの原因になっています。

VDTとは、Visual Dispiay Terminal の略です。
画面表示装置のあるコンピュータ機器を指します。パソコン、ワープロ、テレビゲーム機器、カーナビげーション、キャッシュディスペンサーなどさまざまな機器があります。

VDT症候群はテクノストレス症候群とも呼ばれ、コンピュータ作業やTVゲームなど画面を見ながら操作することが長時間に及ぶと、ドライアイや疲れ目、眼精疲労、肩こり、頭痛、腰痛、吐き気などの症状が出てきます。

また、ドライアイの原因となるOA機器の作業による不快症状は、ドライアイなどの目の異常のほかに疲れ目、眼精疲労、肩こり、頭痛、腰痛、めまい、倦怠感、イライラ、神経衰弱、ヒステリーなどがあり、OA病と呼ばれています。


14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye