ドライアイとはどんな病気か

スポンサードリンク


ドライアイとはどんな病気かというと、ドライアイとは目の表面を保護している涙の量が会少なくなり、目が乾いて正常な状態ではない目の状態のことをドライアイといいます。
ドライアイは涙液分泌減少症、乾性角膜結膜炎などと呼ばれることもあります。

ドライアイの人は年々増えていて、日本人では10人に1人くらいの人がドライアイになっているようです。

ドライアイというのは何らかの原因によって、目を保護している重要な役割を持っている涙の分泌量が不足して、目の表面が乾いてしまう病気です。

ドライアイとはどんな病気かと思ったら、単に目が乾くだけかと侮っていては危険です。

ドライアイは視力を悪化させるだけではなく、そのまま放置しておくとさまざまな目の病気の原因になったり、健康を害することになります。

ドライアイになると視力が低下し、集中力や注意力が散漫になってしまい日常生活に支障をきたします。

ドライアイになると、目の異常や不快症状だけではなく、肩こり、頭痛、腰痛などの全身の症状もあらわれてきます。

ドライアイは目を酷使するパソコンなどの仕事をする人や、細かい文字などを見ることの多い人、また、最近はテレビゲームなどの普及で、小学生など低年齢のうちからドライアイになっている人が増えています。

眼精疲労など目の疲れの原因がドライアイによるものということも多く、特に若い人や更年期の人の眼精疲労の原因の多くはドライアイが原因です。

ドライアイをそのまま放置すると、失明する危険もある緑内障などの恐い病気の原因である眼精疲労になることもあります。

また、ドライアイ眼精疲労などは身体のどこかに潜む病気が原因になっている場合もあるので、早めにお医者様に相談することをオススメします。


14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye