目のしくみ

スポンサードリンク


目のしくみはカメラにとてもよく似ています。

カメラというのはレンズ、絞り、フィルム、カメラのボディ、レンズキャップなどから構成されてますね。

目のしくみはとても精巧で複雑なんですが、大まかに言うと目のしくみは構造と同じようなしくみになっているんです。

目のしくみは、カメラで被写体を写すレンズの部分が目の水晶体、カメラでピントを合わせる絞りが目の虹彩、そしてカメラで映像を焼き付けるフィルムが目の網膜、カメラのボディにあたるのは眼球を取り囲み守っている目の強膜、カメラのレンズを保護するレンズキャップは目のまぶたという感じです。

フィルムの役割をしている目の網膜は、視覚から確認した映像を視神経を通じて脳に送り、脳がその映像を『もの』として判断しています。

一般に目というと眼球を指しますが、眼球はその大部分が内部に隠れていて、眼球というのは私たちの身体の胃や腸、心臓、肺、皮膚と同じ臓器になります。

眼球は私たちの身体の臓器の中で唯一つの「ものを見る」ためにある臓器なんです。

眼球は主にコラーゲンからなる透明な膜の「角膜」、白目の部分にあたる不透明な白い膜の「強膜」、目の眼圧を支え一定の形を保つ役割のある「脈絡膜」の3つの膜で覆われ保護されています。

その他の目のしくみには、頭蓋骨から外に出ている部分の眼球を保護するためにまぶたや睫毛(まつげ)があります。

目はまぶたを閉じたり開いたりするまばたきによって、無意識のうちに涙の分泌を促し、眼球の表面の潤いを保ち目の乾燥を防いだり、目に入ったごみやホコリなどの異物を除去しています。


14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye